犬も歩けばBOY MEETS GIRL

人生の節目に聞きたい曲10選(後編)

by kitaiyuko

後編です。
めちゃくちゃ極一部(Tさん)にお気に召していただきとても嬉しかったので
後編も意気揚々と紹介してみます。


The Cure - Just Like Heaven

イントロから一瞬で天国に行けそう。
キュアーではやっぱりこれとFriday I'm in loveがトキメキ具合最高で大好き。ベタだけど。

なんというか、私の中では恋をするとすごくキュアーが聞きたくなります。
ロバートスミスの声はすがりたくなるような中毒性があって危険だなあと思う。


XTC - Mayor of simpleton

XTCもまた大好きなんですが、
White musicのニューウェイブ感に浸りたいときもあれば
Orange and lemonsのスキップしたくなるような至極のポップさを楽しみたいときもある。
でもこの曲はどんなときに聞いても最高。


Superchunk - 1000 pounds

USインディーはあんまり詳しくないのですが、
Superchunkは胸を張ってオススメ出来るバンド。
この曲も好きすぎて、というかcome pick me upのアルバム全部がもう好きで好きで。
秋が深まってエモさが欲しいときによく聞きます。


Number Girl - SAPPUKEI

前回に好きなバンドを3つ挙げたけど、
やっぱりレディオヘッドよりもナンバーガールを入れるべきかもしれないと思った。
ナンバガは本当に特別で、思い入れが強すぎて正直曲を選べないけど
節目に聞くとして選ぶならこの曲かOMOIDE IN MY HEADかなあ。

大阪の橋の上〜という歌詞で思い出すのは
大阪駅前の歩道橋から見える景色。


中村一義 - ひとつだけ

この曲が入ってる「100s」も、何度聞いたかわからないぐらい青春のアルバム。
新世界〜この曲につながっていくのがすっごくすっごく良い。
もし私がいつか結婚式とか披露宴をするのならこの曲は是非使いたいなあと。
門出に聞きたい曲です。

以上、長々とおつきあいありがとうございました。
また気が向いたらテーマを作って曲選びしよう。