犬も歩けばBOY MEETS GIRL

人生の節目に聞きたい曲10選(前編)

by kitaiyuko

なんか今っぽいブログタイトルつけて勝手にドキドキしてる。どうも私ですきたいです。

最近よく自分が死ぬときに聞きたい曲ってなんだろな〜と考えます。
いや、死ぬつもりは全くないけども。
むしろ悪運が強い傾向なので割と最後まで生き残ってそうな気がするけども。

当たり前だけど、こういうときに聞きたい曲って、
もう好きで好きでたまらない曲ばっかりになりますよね。
しかも死ぬというのはこの世からあの世に上がるタイミングで、
そういう意味では人生の節目ともいえるんだろうなあと思うので、
死ぬときに聞きたい曲=人生の節目に聞きたい曲
って自然となるんだろうと思います。かなり無理矢理な持論。

ちなみに、ものすごく難しい質問だけど、
好きなバンドを3つ選べと言われたら、
New Order、The Stone Roses、Radiohead …を選びます。
3つ目は気分によって変わったりするけど
ニューオーダーとローゼズだけは多分生涯変わらないんじゃないかなあと。
80〜90年代のイギリス周辺のバンドがものすごく好きです。
なのでその辺りが多めになることはご承知で。


New Order - Ceremony

イアン・カーティスがこの世を去って、Joy DivisionからNew Orderに変わり、再出発となった曲。
まさに節目!な曲ですが、
上のyoutubeはRadioheadがカバーしてるやつです。
定期的に思い出しては見返してるんですが、このカバー、本家よりも好きかもしれない。
サビを歌うトムの声がたまらない。めちゃくちゃズギュンと心を掴まれる。


The Stone Roses - Elephant Stone

これもまた大好きな曲。
怒ったり落ち込んだりしてもこれさえ聞けば機嫌が直ってしまうからあらふしぎ。
歌詞も可愛いんだよなあ。
New Orderのフッキープロデュースってところもまた…。絶対好きになるしかないやろっていう。


Yo La Tengo - Sugarcube

エモくてシューゲイズな音が大好物なんですが
これはまさにコーヒーに溶けていく角砂糖のような甘さがあって最高です。
「I can hear the heartbeating as one」は名盤。アルバムごとあの世に持っていきたい。


Swervedriver - Duel

クリエイション所属のバンドは本当に大好きなバンドだらけなのですが、
その中でもめちゃくちゃ好きで聞きまくったのが、
マイブラ、プライマル、そしてスワーブドライヴァー。
大名盤の1st「Raise」は、
確かスクリーマデリカ、ラブレス、バンドワゴネスクと伝説のリリースが続いた91年作。
この曲は2ndに収録されてますが、
1stの方が思い入れがありすぎて、こちらもまたアルバムごとあの世に持っていきたい。

すごくどうでもいいけど、Rideの名曲「Leave Them All Behind」と未だに混同してしまうのは内緒。


The Chemical Brothers - Star Guitar

もはや定番すぎだけど、やっぱり大好き。宇宙へ誘ってくれる。

PVも有名すぎるけど、ミシェルゴンドリー作品の中でも一番好きな作品。
疲れたときは心を無にしてよくこのPVを見る。癒される。
電車好きなもので。


(そのうち更新するだろう)後編へつづく。